Skip to content

マンション投資の勘違い

マンション投資は「投資」

です。

株やFXと一緒なのです。

ですから、当然元本割れの可能性を考えなければなりません。

株価は日々刻々と変化しますから、急に値上がりしたり、逆に値下がりしたりということがあり得ます。

故に、今日元本割れを覚悟した株が、明日にはちょい儲け、なんてこともあり得ます。

それが投資の怖いところであり、病みつきになるところでもあります。

マンション投資の場合、こういった価格変動は比較的緩やかですので、対応も適切にすればしのぐことが出来ます。

ですが、投資は投資であるということを注意しないといけません。

株を始めた人にも来るそうですが、マンション投資を始めた人には、特に初心者に対しては、詐欺めいた営業がちらほら来るそうです。

それにほいほい乗っかってはいけません。

「自分はマンション持ちだ!」

なんて大きな気になってしまうのかもしれませんが、危ないですよ、それ。

くれぐれも、「投資」

なのだということ、投資は「ギャンブル」

なのだということを念頭に置いて、慎重に行動してください。

それから、マンション投資をして軌道に乗れば、家賃収入で不労所得が得られて、遊んで暮らせるように勘違いしている方も多くいらっしゃるようです。

そういう人に限って、後で「失敗した…」

と嘆くものです。

マンション投資で失敗するというのは、天変地異で投資したマンションが急に無価値になってしまった、などでもない限り、考えられないことです。

長い目で見れば、ちゃんと黒字になっているはずです。

黒字が黒く見えないのだとしたら、目標が高すぎます。

下方修正してください。

そして、なぜその目標に届いていないのか、きちんと考えてください。

全ての投資に言えることですが、マンション投資も黒字を目指して行うもの。

黒くならないなら、黒くならないだけの理由があるのです。

有名な言葉ですが、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

というものがあります。

まぐれ勝ちはあっても、理由なく負けることはないという意味です。

ということは、黒く見えないなら黒く見えない理由があるのです。