Skip to content

マンション投資のチェックポイント

もし、「マンション投資をするぞ!」

とお考えなら、以下5つの点をきちんとチェックすべきでしょう。

その5つとは、「立地や間取りなど、借りる側の視点から見ても魅力的な物件か」

「賃貸需要の高い立地か」

「将来性のある立地か」

「利回りは良いか」

「将来的な利回りはどうか」

という点です。

1・2・4点目については現在の状況を、3・5点目については将来を見ています。

それぞれ、どのような内容か考えてみましょう。

1点目ですが、当然ながらマンション投資をするわけですから、借主が現れなければいけません。

でないと「建てただけ無駄」

ということになってしまいます。

借りたいと思われるような物件を建てなければなりません。

自分がその物件に住むと考えてみてください。

利便性、周辺環境、間取り、使い勝手、設備などなど、検討する部分はたくさんあります。

ファミリー向けなのか、シングル向けなのか、基本シングル向けだけれど2人居住可能にするのかで、一部屋が必要とする広さや設備などは変わります。

マンション投資のことを考えていますが、マンションですから集合住宅です。

色々な人が住まいます。

年齢は?

職業は?

彼らの生活サイクルは?

ほらほら、色々なことを考えないといけないでしょう?

どんな人を住まわせるのか、も検討すべき点ですが、これがマンション投資のチェックポイント2点目にかかわってきます。

どんな人を住まわせるのか、というのは、供給対象であるターゲットの絞り込みです。

どんな人から必要とされる物件にしたいですか?

そのために、その環境は適していますか?

マンション投資のチェックポイント3点目が絡んできますよ。

例えば一人暮らしの若い女性向けの物件にしたいとします。

女性は流行りにうるさいです。

そして安全性に気を配ります。

駅は近いですか?

「閑静な住宅街」

と言いつつ、夜は暗い道を歩かなければならない心細い立地ではないですか?

周辺に魅力的なスポットはありますか?

4点目と5点目のことも考えねばなりません。

そのスポットは、ずっと「魅力的なスポット」

でいてくれるでしょうか。

そもそも若い女性が住まうにふさわしい物件であり続けられるでしょうか。

そのための整備は間に合うでしょうか。

家賃と管理費と相談になります。