Skip to content

マンション投資の失敗例を知っておく

節税対策や資産運用の面で、昨今マンション投資が注目を集めています。

何でも、相続税や不動産税などの節税に役立つのだとか。

でも、ちょっと待って。

相続税や不動産税など、「そのままにしておけば持っていかれてしまう税金」

を減らせるというのは、確かに魅力的です。

魅力的ですが、「減らせる」

というのはどういうことでしょうか。

放っておいて、減らせるわけがありません。

何かをするから減らせるのです。

その「何か」

というのが、マンション投資、ということになるのでしょう。

このマンション投資ですが、「投資」です。

大げさな言い方をしてしまえば、ギャンブルなのです。

だからこそ、ハイターンハイリスクは避けたいもの。

マンションですもの、投資する金額もばかになりません。

失敗する時というのがどういう時なのか、どういう点に気を付ければ失敗しないで済むのか、じっくり研究してから、その道に踏み込まないよう、その道に踏み出さないよう。

絶対確実と言えるくらい安全な道を通りたいものです。

絶対確実なんて言いましたが、ごめんなさい。

マンション投資に「絶対」

「確実」

はありません。

だって「投資」

ですもの。

大げさに言えばギャンブルですもの。

株だって、原本割れします。

大損した話なんて、そこここに転がっている、何も珍しくない話です。

だから、失敗しないように、安全策をとるのです。

失敗しないように、失敗談を聞いて、勉強して、転がらないようにするのです。

マンション投資でよく聞くのは、「最初しか節税効果がなかった」

「売却しようと思ったら、それほどの金額にならなかった」

「利回りの低下」

といったもの。

つまるところ、「予想よりお金にならない!」

というものです。

その原因として挙げられるのが、「入居者が少なく、空き室が出来てしまう」

「周辺環境の変化により、価値が下がった」

「年数が経ち過ぎた」

などという、よくよく考えれば事前に想定できたはずのものばかり。

詳しい失敗談事例集はこちらをご参照ください。

マンション投資を失敗しないために

後で「あれ?」

なんて言っても遅いです。

今のうちに勉強しておきましょう。

Categories: .